Li-Po

¥4,800
This product is unavailable

Li-Po

李白「将進酒」について 「君、見ずや・・・」で始まる有名な漢詩「将進酒(しょうしんしゅ)」は、今から一千年ほど前、中国、唐の時代の詩人、李白の代表的な作品です。 酒を愛し、仙界に憧れる一方、世俗的な名利にもとらわれた李白の波瀾に富んだ生きざまは、今も多くの共感を集め、欧米カルチャーのアーティスト達からも高い支持を得ています。 「将進酒」とは、宴席で客にお酒を進めるときに詠まれた詩で、多くの著名な詩人が同じタイトルの詩を詠んでいますが、李白によるこの詩は圧倒的なスケールと説得力において群を抜き、時代を超越した普遍的な魅力を放っています。 中国随一の大河である黄河が海に向かって奔流する豪快な描写にはじまり、朝の黒髪が夕方には白髪に変わるくらいに人の一生など儚いものと一気に説くインパクト。そして最終的にはくよくよせずに酒を飲んで、楽しくやろうじゃないか、と結びます。 伝説や過去の偉人を巧みに引用した洒落っ気と「酒持ってこい」というようなライブ感溢れるフレーズは、即興で歌われるラップのようにリズミカル。ユーモラスでありながら、人間の本質を突いていて、つい「その通りです!飲みましょう!」と笑顔で応えたくなってしまう、見事な酒の讃歌、そして人間への讃歌です。 Li-Poを開店するに際し、この素晴らしい李白の詩をお店のモットーと決め、1枚のポスターにしてお店に掲げました。 それから5年、Li-Poで出会った菅井葉月とLi-Poの新たな企みとして企画されたのが、to-ko-neとのコラボレーション、Li-Poのレギンスです。 なんと一足のレギンスにこの「将進酒」の詩、全文がプリントされています。 一行一行、じっくり味わってみてください。 Li-Po店主


BAR Li-Po

地上に残る、今は線路な東横LINE。 そんな、もはや伝説となった東横線と、 渋谷川に挟まれた細い路地にある 素敵なBAR [ Li-Po(リーポー)] お酒が大好きな唐代の詩人 李白に因み名付けたこのBAR。 静かな裏路地を抜け、とあるビルの2Fに上ると.. おひとりさまから、団体様さま まで、 多種多様なLi-Poマダムに魅了された、 素敵なお客様でいっぱい。 夜な夜な、映画や音楽、食について語らい、食し、 飲んで、歌って、帰って行く。 DJ Dyaporama Joyful Noise MUSIC MIXX NewWave Oyster PARTY TOKYO BABYLON お坊さん お酒 アイルランド食堂 カルチャー プロレス リハク ワークショップ 上海家庭料理 小料理李白 月イチ・サンモク・ワイン会 聴き語り昭和歌謡史 落語ライブ 韓流李白 音楽夜噺 EXHIBITION Live etc etc … … … そんな色とりどりな桃源郷BAR、Li-Poの3周年を記念して 酔いどれ詩人、李白のレギンスをtokoneで作りました。 イラストレーターmiccaの描く、 浮世絵LIKEなテクスチャーの上に並ぶ 酔い人の為の詩… さあ、 飲めるあなたはこれを纏って、お酒を堪能し、 人生を謳歌しましょうぞ。 飲めないあなたは、 足のかかとにいらっしゃる、李白先生にお酒はまかせて、 ソフトドリンクでナチュラルハイ♡Li-Poへどっぷり 誘われて…♡


Other products